トーイック試験対策

【トーイック】英語を勉強するなら一度は受けたいテストですね!
トーイック試験必勝の対策法とは?

  



トーイック試験とは?


トーイック(TOEIC)試験は英語の実力を測るテストとして圧倒的な人気を誇るテストです。

トーイックの活用状況は2004年度には日本国内の約2,500の企業や官公庁、学校等がトーイック・TOEICを採用しています。

企業でのトーイックの活用の仕方は自己啓発や英語研修の効果を測定し、新入社員の英語能力検定や海外出張や駐在の基準や昇格、昇進の要件のためと多岐にわたります。

トーイックの活用状況は教育現場においても授業の効果を測定し、英語過程の単位を認定する基準として活用されています。

その他、トーイックは教育課程では語学入学の推薦基準として活用されています。

2006年度のトーイックテスト採用校は大学で436校、短大63校、高専は57校、高校217校であり、今や中学校でも2校がトーイックテストを受けているのです。 トーイックは自身の英語力を測るために受験する方も大勢います。

トーイック試験対策のための英語


トーイックは自身の英語力を測るために受験する方も大勢います。

英語の学習能力を向上させるため英検とトーイックを両方受験する方もいます。

トーイックのスコアは10点から990点のスコアで評価をします。

トーイックは英検のような受験級の区分はありません。

トーイックテストの結果は合格、不合格といった形式はとっておらず、トーイックスコア算出の基準は常に一定であり、問題の難易度によってトーイックスコアが変わらないように調整されています。

トーイック受験者はテストのスコアから正確に自身の英語の能力を把握することができ、次回のトーイックテストの目標が立てられます。


トーイックとはどういうテストなのか?


トーイックは7パートに分かれており、前半4パートとがリスニング試験、そして後半3パートがリーディング試験になっています。 合計2時間、200問をノンストップで解答しなくてはなりません。 実は高得点が取れない人の原因の大半はスピード不足なのです。もちろん基本的な英語力は必要ですが、トーイック試験においては全てのパートでスピーディーに問題に答えられなければなりません。 これには普段の鍛錬しか対策の使用がないのが事実です。普段の英語学習からスピードを意識して取り組むことが重要です、

2009年FP試験勉強にご活用ください。


トーイック対策のための教材


トーイック試験対策用の教材は様々なものが販売されています。

問題集や単語集などさまざまですが、まずは根本的な英語力自体を底上げしなければ高得点は望めません。

そのため、まずは基本的なぶぶんから徹底的に英語をマスターしていく学習法が必要になります。

そこで、インターネットならではのトーイック対策教材をご紹介します。

私自身がトーイックで900点台を出すまでに行った脅威の英語学習法は、本屋さんでは絶対に手に入らないノウハウです。

総括的に英語力を高められる真の学習法さえ手に入れれば、今後の英語学習の大きな道しるべになるはずです。


Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。